2016年5月15日日曜日

文フリ東京感想とこれから

 藤枝です。
 テキレボ3の感想に続き、今回は5月1日に行われました第二十二回文フリ東京について雑感をお送りします。相変わらず断片的でのらくらしております。


 このイベントに合わせた有料の新刊はなく、既刊『スピラーレ』をちょっぴり増刷しました。無配は今回もぺらっと一枚のものを制作。次からは色のついた紙とかちょっとした特殊紙を使ってもいいなあと思ったり思わなかったり。

 ハイパー久しぶりにモノレールに乗りました。スーツケース置き場なんてあったんですね……。ちらっと見えた大井競馬場では、のんびりした見た目の馬がコースの内側でのんびりしてました。脚の下半分が白くふさふさしたあの種類です。名前が分かりません!

 流通センターは駅から近いと聞いていましたが、まさかあれほど目と鼻の先とは思っていませんでした。(お恥ずかしいのですが、文フリは一般参加の経験もなかったんです。)暑くなるという情報を信じて薄手の六分袖にスカーフを巻いていたのですが、入場待機の時に風にびゅんびゅん吹かれまくって寒かったです。

 ブースは柱のすぐ脇でした。柱サークルというやつですね。会場も広大、島の売り手側のスペースも国際展示場より広々としていて、とっても快適に過ごせました。内装が白っぽいので照明の明るさが増幅されてるような雰囲気でした。机のサイズがテキレボの半分ということで、並べる物を前回のラインナップから厳選しました。



 お分かりいただけるだろうか。白いブタ二匹がいなくなっていることに(前の記事参照)。二匹は机のサイズの都合により留守番となりました。おしながきもB4からA4にサイズダウンしております。

 今回は何よりたくさんの方とお話ができて嬉しかったです。オフでお世話になっている方、テキレボで知り合った方、ツイッターやtaskeyでつながっていた方が訪ねてくださったケースもありました。まさかこんなに多くいらしているとはという感じです。東京と銘打ちながらも全国を巻き込んでいて、とんでもない規模のイベントだとつくづく思いました。ブタ好きの方々からも反応をいただきましたよ!「ブタのお話があるかと思った」という声を聞いた時にははっとしました。本当に。もしかするといつかブタ本を出す……かも。あとあと、文フリ公式のカメラマンさんがいらして撮影してくださいました。嬉しい! どこかで公開されるのかと思うとちょっと恥ずかしいですね。

 『スピラーレ』は搬入した数の半分、『ひづめだより vol.2』はだいたい十部ぐらいがそれぞれ旅立ちました。テキレボの時よりも無配が減りませんでしたね。会場が広くてサークルも多くて、買う側からすれば個々のブースに近寄りがたかったりするんでしょうか。テキレボがアットホームな雰囲気で、かつお買い物代行で注文してくださった方がいるというのもあると思います。

 だらだらと書き連ねましたが、スタッフの皆さん、ブースにお越しくださった皆さん、あと最後の机運びを手伝ってくださった方、本当にありがとうございました! 楽しかったです! 今度はカレー食べたいな。


■■■


 今後の活動予定ですが、年内のサークル参加はこの文フリ東京で最後となります。委託での参加や通販も予定がありません。一般参加はしたい気が山々なのですが……。運転再開は来年の春ごろを見込んでおります。テキレボか文フリ東京かに出られるといいな。書きたいものもあるし、やる気は満々ですよ!
 ウェブではtaskeyにて、マジカルでシリアスなファンタジー『紅蓮の氷華』を連載中です。いつストックが尽きるかな(血涙) → http://taskey.me/stories/9311e0b13aa3abc09ef8?lang=jp

 次にブログを動かすのはいつになることやら……。

0 件のコメント:

コメントを投稿