2020年8月1日土曜日

初めて分岐型の話を書いた話

 多分にご無沙汰しております。藤枝です。

 今回は先日カクヨムに投稿した「法悦の緑」についてです。初めて分岐型の話を書いたので、自分用の記録も兼ねて作り方などを書いておきます。文中にネタバレはありませんのでご安心ください。



起:すぐ影響を受ける奴

 きっかけはあるフリーゲームの実況プレイ動画。取り上げられていたのは探索アドベンチャーというのでしょうか、謎を解きつつ追いかけっこしつつ脱出する感じのゲームでした。ゲームの内容も面白いし、実況の方々も要素やネタの解説をしつつ(めちゃくちゃ博識!)わいわい進めていました。そして楽しく動画を見ているうちに「分岐がある話を書きたいな」と思うようになったのです。すぐ影響を受けるマン見参。テッテレー

 ぱっと脳裏に浮かんだのが9割ぐらいまで書き進めていた「法悦の緑」でした。謎あり怪奇ありって分岐型ストーリーと親和性があるのでは? な気がしたので改造開始。7月12日のことです。



承:今でもまだ呼んでいます

 といっても何から始めればいいのか分かりません。五里どころか一里未満も霧中です。

 そもそも「この分岐があってエンディングも複数種類ある」みたいなお話の呼び方も知らない状態でした。今もよく分からない……ゲームブックとは少し違うし、ゲームノベルでもないし(ゲームなしゲームノベル≒トゲアリトゲナシトゲトゲ)、マルチエンディング? なのか? とりあえず分岐型と呼んでいます。今でもまだ呼んでいます。よだかの星ですね。

 探索アドベンチャーゲームにしても自分でプレイした経験がなく、実況動画も数える程度にしか見たことがありません。

 様々な知識がノウハウがゼロの状態で「ひとまずやってみっぞ」と漕ぎだしたのでした。

 とりあえずオチを何種類かぼんやり思い浮かべてみます。もともと想定していたやつから明らかにハズレなやつまで。そんなにたくさんは思いつかないし、増やしたところで絶対に破綻するのでいくつかに抑えておきました。

 オチが決まったので、書き進めていた中に分岐にできそうな箇所をピックアップします。

 分岐にできそう
 →どのオチにつながりそうか考えながら分岐させる
 →次の分岐ポイントまで文章を切り貼りしたり書き足したり

 こんな感じで色んなルートを並行して書き進めていきました。このあたりで混乱が起きたので、図を書いてルートの管理を始めました。



転:頭爆発

 話の効率的な組み立て方も分からないままぐんぐん驀進していきます。場面ごとに番号をつけたり分岐ごとにアルファベットを振ったりして、さらに収拾がつかなくなっていきます。分岐の設定ミスで番号を振り直す羽目にもなりました。どういうことかというと、「複数ルートが一旦同じ場面に突入し、その場面の最後で共通ではなくルートごとに違う分岐を迎える」構造の部分がありまして、そこでつまずいたのです。具体的に説明するなら、

 ・1から4に行きAかBを選ぶ
 ・2から4に行きCかDを選ぶ
 ・3から4に行きE固定

 このAとC、BとDを分け忘れたせいでこんがらがった……です(伝わった気がしない)。終盤の場面まで番号を振った段階でミスが発覚すると、番号の振り直しがめちゃくちゃ面倒なことになりますね。場面10の番号を11に変えると元々の11と混ざってわけが分からないみたいになるし……これも何度かやらかしました。ほっぽってお風呂に入る夜もありました。

 全然関係ないんですが、ボディビル大会で出場者に叫ぶかけ声ってありますよね。あの中だと「そこまで絞るには眠れない夜もあっただろ!」がダントツで好きです。眠れない夜。



結:なんとか終幕

 ロジカルでクールな頭がなくたってひとまず初稿ができました。7月26日のことです。思い立ってからここまでがだいたい2週間でした。

 いつもであれば何日か熟成させてから推敲して完成なのですが、翌日読み直し、ちゃちゃっと修正して29日に投稿してしまいました。一旦止まると永遠に止まる予感がしたので勢い重視でいきました。

 カクヨムで「ゲームブック」「分岐」で検索してヒットした作品を参考にしつつ、ぽちぽちと投稿準備をします。単純に「次のエピソード」ボタンを押しても話がつながらないため、エピソードの末尾に続きのエピソードのURLを貼って誘導する方式をとりました。

 エピソードごとに文章を載せて下書き保存し、URLをコピーして他のエピソードに貼りつけていきました。地味で地道な道のりです。

 最後は各エピソードの文中のURLから「/my」を取り除く作業でした。これによってURLが下書き用から公開用のものに変わるらしいのです。ちなみに下書き段階のエピソード内にある公開用のURLをクリックすると「お探しのページは見つかりません」に飛びました。

 そしてついに全エピソードをまとめて投稿。なんとかかんとかここまでたどり着きました。公開後もなんとなく心配でリンクのチェックをしましたが、大丈夫そうです。多分。



 今回は元々ほぼ書き終えていたお話を分岐型に改造したのですが、一から書く時はまた勝手が違いそうですね。でもって本当に「書く」部分より「作る」部分が大変でした。脳みその変なところが痛くなりそうな感じ。懲りずにまた挑戦するかもしれないので、その時は今回の苦労等々を踏まえてもうちょっといい感じに作りたいと思います。

 それでは!
 

2019年3月27日水曜日

テキレボ8感想

 テッキテキのレッボレボが終わり、くったくたのへっとへとから回復したので感想を残そうと思います。とりとめのないメモです。スーツケースを転がしてたので腕が筋肉痛になりました。肉体が弱い。

 私事の多忙からイベント参加衝動が発生して出店を決めた今回。無配や合同サークル向けに書いたお話を1冊にしようと思い立ちました。まさかの2度の原稿差し替えを経てなんとか本が完成。印刷所さん、お手数おかけしてすみませんでした&丁寧なご対応ありがとうございました。次は差し替えなしで一発OKをきめたいです。

 テンポよく日が経ち、最後の数日で無配の準備や設営リハーサルなどをどたばた済ませて本番を迎えました。会場に入って部屋の広さにびっくり。前回参加した時(テキレボ3)とは違う部屋だったのかも…? あと会場といえば、天井に空調か何かのふっといホースがあるんですけど、あれがぶるぶるしてるのが面白くてよくながめてました。金属じゃなくて布みたいなやつです。




 ブースはこんな感じ。ブタが11匹と、これを撮影した人間が1人です。こないだ家で折りたたみ式の木製の台を発見して「ブタタワーにするぞー」と意気込んでいたのですが、残念ながら折りたたんでもスーツケースに入りませんでした。はっはっは。

 頒布数は過去と比べるとまったりな感じでした。告知が少なかったかなと思っております。新刊『春の夜のステラビナリア』も既刊『スピラーレ』も旅立っていって嬉しかったです。無配もあまり積極的に配らなかったので2桁も減りませんでした。

 改善しなければと思うのが無配です。A4のコピー用紙を2つ折りにしたものを机に並べているのですが、ぺらぺらすぎるからか何人かが取りづらそうになさってました。次は並べ方を工夫するかスタンドに立てるかしなければ。

 そして今回、じゃんけん大会に初めて参加しました。復活しては1回で負けるのを繰り返し、スクワットでもしてるのかみたいな動きをしてました。1度だけ1回戦を突破したので万々歳です。


■■■


 この春は個人的に節目となった時期なので、ここ数年のまとめの1冊を出せてよかったです。しばらく投稿サイト中心、機会があれば寄稿させていただく活動スタイルになりそうです。次に出したい本の構想もあるのでのんびり膨らませるつもりでいます。
 それでは!

2019年2月26日火曜日

テキレボ8お知らせ

 とんでもなくご無沙汰しております。藤枝です。


 あけてましておめでとうございました。今年初めてのブログ更新です。去年もまるっきり更新しませんでしたね。
 寄稿させていただいたことを書くぞ〜と思っていたものの、気づけば下書き状態のまま残ってます。無念。せっかくなのでちょっと書き足して投稿したいです。


 さて本題です。夕暮れガーネット3/21(木・祝)の第8回Text-Revolutionsに出店いたします! ブースは【C-20】です。
 最後のイベント出店が2016年春の文フリ東京なので、ほぼ3年の沈黙を破っての参戦となります。そんなたいそうな感じじゃないです。沈黙を破るといっても指の先で穴を開けるくらいです。

 ↓頒布予定のものは3種類です。リンクのある作品はカクヨムにて丸ごと読むことができます。
 webカタログにも以下とほぼ同じ情報が載っております。


①新刊/再録集『春の夜のステラビナリア』
 文庫判/86ページ/300円/ジャンル色々


 2014年から昨年までの間に、合同サークル誌で書かせていただいたり投稿サイトや無配に載せたりした8編を集めました。数年間の進化の記録といえるかもしれません。書き下ろしを加える気満々だったけどダメでした。ごめんなさい。
 ステラビナリアとは? というお話はあとがきに書いております。

 〈収録作品〉
「ステラと終章」
 現代/冬、先輩と私の届かない物語

「ブラチスラヴァで三時間」
 旅行記/6年前にスロヴァキアに行った時の話

「デュアル・ブルー
 SF百合/戦うヒーローとカフェ店主の話

「遠き歌声」
 ファンタジー/風と喪失

「魔法使いの話」
 ファンタジー/ “青百合がいたらそっと逃げるんだよ”

「カシー・ルルーとの燦たる午後」
 ファンタジー/きみは鏡の中で宝石を嚥下する

「ウヴァークの竜の話」
 ファンタジー/竜・靴・怒り

「ロスト」
 現代/美術館・鍵・息苦しさ
 

②既刊『スピラーレ』
 文庫判/70ページ/300円/ファンタジー



 テーマは「滅び・風・旅」。静かで澄んだ掌編5つを収録しています。西洋風異世界の一地方を舞台に、人々がお出かけしたり芋を食べたりします。剣と魔法は微量、アクションは皆無です。弊サークルで初めて制作した本です。
 タイトルはイタリア語の動詞spirareです。「風が吹く」や「死ぬ」という意味です。雰囲気重視文法無視で原形をタイトルにしました。綴りを変えてspiraleだと「螺旋」になります。スパイラル!

〈収録作品〉
「ホーフレアにて」
 山間の町にやって来たヨアン。深い緑の瞳をもつリッケと出会うが……

「冬をこえて」
 疫病に村を襲われ家族を失ったルーカは、“魔法使い”と呼ばれる隠者の噂を聞いた。

「晩夏の手向け」
 剣士のゾントと楽師のビノエ、兄弟が出会った過去と幻。

「星影の標」
 古に紡がれた聖なる言葉を探し、ミシュカは小さな旅に出る。

「春へゆく風」
 薬を売って旅をするメアリアと先生はサンゲルジュという町に着く。 


③無料配布『ひづめだより vol. 3』
 A5/4ページ

 制作中。表紙・見開き短編・近況報告の三拍子でお送りするペラッとしたやつです。


 以上、頒布予定のラインナップでした。「無配だけもらっちゃうぜ」という方も大歓迎です! ブースの目印はブタです。過去のイベント感想記事を見ていただけると様子が分かります。
 弊サークルっていう呼び方、長い。

 twitterでも随時情報を発信していきます。チェックのほどよろしくお願いします〜。
 ではでは!

2017年11月15日水曜日

カットわかめ!

 前回の投稿から1年以上が経っていることに戦慄しています。生存報告がてらまた一筆。

 そろそろ生々しいものにチャレンジしなければ、と思っています。
 肉だとか血だとかではなく、自分の生活やいる環境をベースにした現代の話という意味です。漢字の名前のキャラクターが「消火器」「喫煙スペース」「ゴムパッキン」みたいなモノに囲まれている世界を(できれば超常現象や怪物といった要素を入れずに)書きたい。書きたいというよりも、なぜか「書かねば」という気分でいます。でもネタはない!

 中学生の頃、時々「高校生活ってどんな感じなんだろう、早く自分で体験して書けるようになりたい」と思っていました。それが高校に入ると対象をキャンパスライフに移して同じようなことを考えていました。そして今となっては記憶が曖昧になって、あの頃もう少し身の回りに近いものを書いておくのも(作品としても記録としても)アリだったな、と思うことがたまにあるのです。なので余計に上のようなことを考えているのかもしれません。

 以上ざくざく書き散らしました。
 とりあえず風邪をひかず冬を乗り切ろうと思います。

2016年9月28日水曜日

すっぱいみかん!

 生存報告として一筆。
 
 最近、風俗画のようなお話を書けるようになりたいなあと考えてます。
 風俗画。ご飯を食べていたり、お店に立っていたり、夕涼みをしていたり、人々の日常生活を描いた絵ですフェルメールなどなどの画家が描いています。雑な言い方をしてしまうと地味なものが多いんですが、個人的にとっても好きなジャンルです。
 波乱はないかもしれない、でも登場人物とその暮らしとささやかな出来事が存在するお話を、もっと形にできたらいいと思う次第です。『スピラーレ』がそれにけっこう近い気がします。どでかいドラマとか派手なバトルとかも好きなので、そっちももりもり書きたいな。
 こっぱずかしいことを書いたな。気が向いたら消します。

2016年5月15日日曜日

第22回文フリ東京感想とこれから

 藤枝です。
 テキレボ3の感想に続き、今回は5月1日に行われました第二十二回文フリ東京について雑感をお送りします。相変わらず断片的でのらくらしております。


 このイベントに合わせた有料の新刊はなく、既刊『スピラーレ』をちょっぴり増刷しました。無配は今回もぺらっと一枚のものを制作。次からは色のついた紙とかちょっとした特殊紙を使ってもいいなあと思ったり思わなかったり。

 ハイパー久しぶりにモノレールに乗りました。スーツケース置き場なんてあったんですね……。ちらっと見えた大井競馬場では、のんびりした見た目の馬がコースの内側でのんびりしてました。脚の下半分が白くふさふさしたあの種類です。名前が分かりません!

 流通センターは駅から近いと聞いていましたが、まさかあれほど目と鼻の先とは思っていませんでした。(お恥ずかしいのですが、文フリは一般参加の経験もなかったんです。)暑くなるという情報を信じて薄手の六分袖にスカーフを巻いていたのですが、入場待機の時に風にびゅんびゅん吹かれまくって寒かったです。

 ブースは柱のすぐ脇でした。柱サークルというやつですね。会場も広大、島の売り手側のスペースも国際展示場より広々としていて、とっても快適に過ごせました。内装が白っぽいので照明の明るさが増幅されてるような雰囲気でした。机のサイズがテキレボの半分ということで、並べる物を前回のラインナップから厳選しました。



 お分かりいただけるだろうか。白いブタ二匹がいなくなっていることに(前の記事参照)。二匹は机のサイズの都合により留守番となりました。おしながきもB4からA4にサイズダウンしております。

 今回は何よりたくさんの方とお話ができて嬉しかったです。オフでお世話になっている方、テキレボで知り合った方、ツイッターやtaskeyでつながっていた方が訪ねてくださったケースもありました。まさかこんなに多くいらしているとはという感じです。東京と銘打ちながらも全国を巻き込んでいて、とんでもない規模のイベントだとつくづく思いました。ブタ好きの方々からも反応をいただきましたよ!「ブタのお話があるかと思った」という声を聞いた時にははっとしました。本当に。もしかするといつかブタ本を出す……かも。あとあと、文フリ公式のカメラマンさんがいらして撮影してくださいました。嬉しい! どこかで公開されるのかと思うとちょっと恥ずかしいですね。

 『スピラーレ』は搬入した数の半分、『ひづめだより vol.2』はだいたい十部ぐらいがそれぞれ旅立ちました。テキレボの時よりも無配が減りませんでしたね。会場が広くてサークルも多くて、買う側からすれば個々のブースに近寄りがたかったりするんでしょうか。テキレボがアットホームな雰囲気で、かつお買い物代行で注文してくださった方がいるというのもあると思います。

 だらだらと書き連ねましたが、スタッフの皆さん、ブースにお越しくださった皆さん、あと最後の机運びを手伝ってくださった方、本当にありがとうございました! 楽しかったです! 今度はカレー食べたいな。


■■■


 今後の活動予定ですが、年内のサークル参加はこの文フリ東京で最後となります。委託での参加や通販も予定がありません。一般参加はしたい気が山々なのですが……。運転再開は来年の春ごろを見込んでおります。テキレボか文フリ東京かに出られるといいな。書きたいものもあるし、やる気は満々ですよ!
 ウェブではtaskeyにて、マジカルでシリアスなファンタジー『紅蓮の氷華』を連載中です。いつストックが尽きるかな(血涙)
 (※追記:taskeyさんは閉鎖されました。大変お世話になりました! 掲載していた作品はカクヨムさんにて順次公開、または続きを執筆中でございます。)

 次にブログを動かすのはいつになることやら……。

2016年5月2日月曜日

テキレボ3感想ちょろっと

 こんばんは、藤枝です。

 1ヶ月以上たってしまいましたが、このあいだ書いた第3回Text-Revolutionsの感想を残しておこうと思います。テキレボのですよ! 文フリ翌日なのに!
 超初心者並感のコメント満載ですが、ぬるっと生暖かく読んでください。

●参加するまで
 去年の第2回に一般参加して様子をなんとなく知り、サークル参加申し込みをしました。
 印刷所さんを調べるうちにクラフトペーパーを表紙にする欲望が頭をもたげてきたのですが、背幅やお財布の事情により断念。代わりに、表紙のマットPP加工と本文の淡クリームキンマリは絶対に譲らんと誓いました。『スピラーレ』はなんと言っても静かな雰囲気の本なので、マットが合うと思って疑わなかったのです。(多くの印刷所さんでクリアとマットの値段が違ったり、マットだけオプション扱いだったりなのが衝撃でした。

 せっせと書いて編集して校正して、なんとかいいペースで入稿しました。無料配布も30ほど家で刷って一安心……できませんでした
 まず本。目次とノンブルがずれてました。凡ミス! さいわい〆切の数日前に入稿していたので、急いで問い合わせて差し替えました。印刷所さん、ばたばたしてすみませんでした&迅速な対応ありがとうございました! そして無配は奥付の発行日が「2015年」に! 時空の歪みですね! 全て手書きで直しました。

 什器は近くの100円ショップを何軒か回ってそろえました。B4サイズを載せられるイーゼルってなかなかないんですね。ブタは10匹とも以前から家にいました。お品書きはパワポでフリー素材を貼りつけてなんとか作成。途中から動作がずずんと重くなって怖かった!

 2月末。納品予定日の3日前に本が届き、驚きながらもほくほく。設営のシミュレーションをして、クロスをよい寸法に縫いました。途中でミシンがご機嫌ななめになったので泣く泣く手縫いにシフトしました。下手! ポップやお品書き、入場券等々も印刷して準備万端。


●当日
服装というものを数年前からやっと考えはじめた生き物は、イベントに何を着ていけばよいのか皆目分かりませんでした。なんとなく皆さんおしゃれなイメージがありましたし……。ということで、ジャケット+ネクタイ+デニムという不思議な出で立ちをきめ、がらがらと小型のスーツケースをひいて出陣しました。

 両隣のサークルさんはどちらもイベントに慣れていらっしゃり、その真ん中でどんちゃかどんちゃか設営を完了させました。お騒がせしました……。



 ブースの様子です。頒布物が2種類という寂しい風情です。ブタは無事全員が持ち場につきました。虚無をたたえた目で樽に入っている奴について「牛ではないか?」との問い合わせを時々いただきますが、ブタです。

 途中お買い物のために何度か留守にしました。「買いたかったけど誰もいなかったぞ」という方、申し訳ありません。留守のあいだにも無配をゲットしてくださった方がいたようで嬉しい限りです。
 また今回は企画「滅亡探訪」に参加させていただいたので、“滅びの地図”を持った方も足を運んでくださりました。やった!
 舞台でのイベントもちらちら見たり聴いたりできたのですが、朗読で視界がじんわりしてしまいました。危なかった……。
 あとあと、隣のサークルさんとちょこちょこお話をできたのも楽しかったです。とってもお優しい方でした(しみじみ)。

 売り上げはというと、『スピラーレ』は搬入した分の7割以上が旅立ちました。達者でな! そして無配は30部ほぼ全てはけました。びっくりしました。本当に。

 物語の世界の地図を書いてはどうかとお話してくださった方、下手な説明を優しく聴いてくださった方、ブタに食いついてくださった方……印象深い方ばかりでした。ありがとうございました。代行でお買い上げくださった方もありがとうございました。「滅亡探訪」主催の藍間さん、テキレボスタッフ及びメンバーズの皆さんにもお礼を申し上げます!